メディカルエッセイ 

題名

著者

出版社

価格

内容

医者につけるクスリ 永井 明 小学館文庫
¥514
元内科医長であった著者が、医療の問題点を軽妙な文章だけれども、それでいて鋭く本質をつき、分析する。
医者のヒラメキ、患者のメーワク 米山公啓 幻冬舎文庫
¥495
大学の医局を飛び出した浮雲児、ドクター米山が大学病院内のお粗末さと、権威主義を笑い飛ばしたエッセイ。
医者の目に涙 石川恭三 集英社文庫
¥467
心に残る患者さん達との出会いと別れ、臨床医の胸の内をホンネで語った、エッセイ。
医者の目に涙 ふたたび 石川恭三 集英社文庫
¥476
命のきわに託された「想い」。忘れられない患者との出会いを哀惜の念と共に綴った、臨床医のエッセイ。
医者という仕事 南木佳士 朝日新聞社
¥1400
平成元年「ダイヤモンドダスト」で芥川賞受賞した著者が、信州で勤務医として生活しつつ書いた、エッセイ。
ふつうの医者たち 南木佳士 文芸春秋
¥1143
内科医として見続けた死、真摯に生きる医療者達、癒し、家族など、様々なテーマを語る医師達の対談集。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理