老い

題名

著者

出版社

価格

内容

老い方の探求 佐江衆一 新潮社
¥1200
ベストセラー小説「黄落」の背景と97歳の父との日々をたどり、自らがいかに生き、いかに死ぬかを考えるエッセイ。
老いるとはどういう事か 河合隼雄 講談社
¥1100
臨床心理学の第一人者の著者が、110の話を通して、誰もが自分の事として、また、身近な人の事として直面する切実な課題「老いる」事に迫る。
寄り添って老後 沢村貞子 新潮社
¥1100
年をとるのは仕方ないけれど、無理せず、自然に暮らしていたいと、老いの実感をつづる、心豊かなエッセイ。著者83歳当時。
お年寄りとつき合う法 長谷川和夫 ごま書房
¥800
聖マリアンナ医科大学学長で、世界的に有名な「長谷川スケール」(老化度検査法)の考案者である著者が考える、9箇条。”老いの心理”を理解する為に。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス